お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月

19

センサーとサーボモーターでIoTの「センシングとアクチュエーション」を実証するハンズオン

~3つのセンサーとサーボモーターをお持ち帰りできます~

主催 : 株式会社モノクロスIT

募集内容

イベントの説明

お申込み

doorkeeperからお申込みいただけます。

お申込みはこちら

概要

IoTに重要な要素のひとつ、「センシングとアクチュエーション」にフォーカスをあてた180分のハンズオンです。広く使われているI2C通信方式をはじめ代表的な接続方法でセンサーをIoTマイコンに接続し、IoTのプロトコルであるMQTTによるセンシングを実証します。さらに、アクチュエーターのひとつであるサーボモーターをMQTTを使って制御することでアクチュエーションにも触れます。

※同日午前、「社会人のためのIoT入門」が開催されます。=>IoT入門の詳細はこちら

対象

  • モノクロスITの「社会人のためのIoT入門」または「社会人のためのIoT実践」を受講された方
  • ArduinoとMQTTの基礎的な知識のある方

この講座で習得するスキル

  • 代表的な3つの方式(I2C、アナログ入力、デジタル入力)で、IoTマイコンとセンサーを接続できる
  • IoTマイコンとサーボモーターを接続できる
  • MQTTを使ってセンサーをインターネットにつなげることができる
  • MQTTを使ってアクチュエーターをインターネットにつなげることができる

受講内容

  • Arduino ソフトウェアを使った IoT のソフトウェア開発環境の確認
  • デジタル入力センサーの情報を読み取るプログラムの実証
  • アナログ入力センサーの情報を読み取るプログラムの実証
  • I2C通信センサーの情報を読み取るプログラムの実証
  • サーボモーターを制御するプログラムの実証
  • それぞれのセンサーをMQTTでネットワークにつなぐ
  • サーボモーターをMQTTでネットワーク経由で制御する

キットに含まれるもの

  • アナログ入力センサー(土壌水分センサー)
  • デジタル入力センサー(ドア開閉センサー)
  • I2C通信センサー(加速度センサー)
  • サーボモーター
  • センサーを接続するための抵抗、ケーブル一式
  • IoT開発キット(一般チケットでお申込みの方)

※キットの部品は同等品に変更される場合があります。

受講料

  • 一般チケット  13,000円(税込、キット材料費含む)

  • IoT開発キットお持ち込みチケット  10,500円 (税込、追加分のキット材料費含む) ※IoT開発キット一式をお持込ください。

開講日時

11月19日(土) 13時30分~16時30分

※同日午前、「社会人のためのIoT入門」が開催されます。=>IoT入門の詳細はこちら

場所

江東区産業会館 第2会議室

定員

8名

持ち物

  1. IoT開発キット一式(お持込の方のみ)

講座で使うパソコンは用意しますのでパソコンのお持込は不要です。

モノクロスITの「社会人のためのIoT入門」をご受講いただいた方で、Arduino IDEとSP8266コア、pubsubclientとArduinoJsonライブラリがインストールされ、ESP8266マイコンにプログラムの書き込みができることを確認済のパソコンをご持参の場合はご持参いただいたパソコンをご使用いただくこともできます。

お問い合わせ

info@monoxit.com

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

MONOxIT

MONOxIT さんが センサーとサーボモーターでIoTの「センシングとアクチュエーション」を実証するハンズオン を公開しました。

2016/11/02 12:32

センサーとサーボモーターでIoTの「センシングとアクチュエーション」を実証するハンズオン を公開しました!