このエントリーをはてなブックマークに追加

7月

29

人工知能を使ったリアルタイム物体検出でIoTを実践するハンズオン

【Raspberry Pi + AI + MQTT】

Organizing : 株式会社モノクロスIT

Registration info

Raspberry Pi 3 お持ち込み

23000(Pay at the door)

FCFS
1/1

Raspberry Pi 3お持ち帰り

29000(Pay at the door)

FCFS
1/2

Description

Raspberry Piにカメラを接続し人工知能を動作させ、リアルタイム物体検知とネット通知をする人工知能とIoTの入門的ハンズオンセミナーです。人工知能のトレーニングからIoTへの応用までの一連のハンズオンを通して、人工知能の構成要素を効率よく理解します。

※パソコンをお持ち込みいただくハンズオンです。事前にAnaconda Python環境とReal VNC Viewerのインストールをしてお持ち込みいただきます。(詳細はお申し込みの方に後日通知いたします。) ハンズオンではGoogle Cloud Platformを使います。事前にGoogle Cloud Platform へのお申し込みをしていただきます。

こんな方にお勧めします

  • AI(人工知能)やIoTに関心のある方
  • AIとIoTの技術をつかったモノづくりを始めてみたい方
  • 深層学習に触れてみたい方
  • 人工知能の利用にどのような知識が必要となるかを知りたい方
  • プログラミングに興味のある方

※ プログラミングの経験は問いません。

この講座で習得するスキル

  • 学習済人工知能(mobilenet SSD)とOpenCV を使った物体検知をRaspberry Piでできる
  • Google クラウドの機械学習エンジンの基礎的使用ができる
  • 自分で用意した画像データーを使い学習済人工知能に新たな物体を追加学習させることができる
  • 追加学習させた人工知能をRaspberry Piで動かすことができる
  • 人工知能の検知結果をネットへ送信できる
  • 人工知能の基礎的構成要素やどのような知識が必要なのかを説明できる

受講内容

Raspberry Piでリアルタイム物体検知実験

  • サンプルプログラムと学習済人工知能で物体検知
  • サンプルプログラムの中身を確認し人工知能の構成要素や使い方を確認
  • CPUの温度などを確認し、実用上の考慮点やGPUの有用性の確認

自分で用意した画像で人工知能をトレーニング

※このハンズオンではGoogle Cloud Platformを使います。接続障害等が生じた場合はハンズオンができない場合がありますことを予めご了承ください。ハンズオンの手順で別途Google Cloud PlatformのML Engine 等の使用料(通常数百円)がGoogle 社より請求される場合があります。

  • 深層学習と著作権の状況
  • 深層学習入力画像のラベル付けと学習用データ作成
  • Google の機械学習エンジン ML Engine
  • ML Engine で学習用データのトレーニングを体験 (Google Cloud Platformの負荷状況により、セミナ時間中に追加学習が完了しない場合があります。この場合はあらかじめ用意した追加学習済ファイルを使用してハンズオンをすすめます。)
  • 追加学習済人工知能の取り出しとRaspberry Piへの移植
  • Raspberry Piで移植した人工知能でリアルタイム物体検知実験

検知結果をネットへ通知

  • サンプルプログラムを検知結果をネットへ通知するよう変更
  • ネットへの通知実験

お持ち帰りいただくもの

お申し込み キット内容
Raspberry Piお持ち帰り Raspberry Pi 3 Model B(RSコンポーネンツ日本製)、
AC電源アダプタ、microSD、USBカメラ
Raspberry Piお持ち込み microSD、USBカメラ

受講料

Raspberry Pi 3お持ち帰り Raspberry Pi 3お持ち込み
29,000円
(税込、USBカメラ、
Raspberry Pi3、microSD含む)
23,000円
(税込、USBカメラ、microSD含む)

開講日時

7月29日(日)10時00分~16時30分 (12:00~13:00 休憩)

※7月28日(土)午前、「社会人のためのIoT入門」が開催されます。=>詳細はこちら ※7月28日(土)午後、「社会人のためのIoT実践180分 」が開催されます。=>詳細はこちら

場所

江東区産業会館

定員

8 名

持ち物

パソコン( Windows または Mac)
あらかじめ、Anaconda Python環境ならびにReal VNC Viewerがインストール済のもの(詳細はお申し込みの方に後日通知いたします。)
WiFi(必須)
Ethernetポート(なくてもよい)

Raspberry Pi 3B (Raspberry Piお持ち込みチケットでお申し込みの方)

※ 「Raspberry Pi 3B+は不可ですのでご注意ください」今回は十分な動作検証が済んでいる3B をお持ち込み機種としています。

お問い合わせ

info@monoxit.com

講師略歴

(株)モノクロスIT 山川 正美 1980年代後半、OSや組込み機器、TCP/IP通信プロトコルの実装に携わる。TCP/IPがインターネットで標準的に使われたことを機に、北米インターネット関連スタートアップ企業数社に技術者として20年以上にわたり参画。現在はデジタルやインターネットの力を借りたモノづくりの支援活動をしている。

お問い合わせ

info@monoxit.com

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

MONOxIT

MONOxIT published 人工知能を使ったリアルタイム物体検出でIoTを実践するハンズオン.

06/29/2018 19:40

人工知能を使ったリアルタイム物体検出でIoTを実践するハンズオン を公開しました!

Ended

2018/07/29(Sun)

10:00
16:30

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2018/06/29(Fri) 19:37 〜
2018/07/29(Sun) 16:30

Location

江東区産業会館

東京都江東区東陽4-5-18

Organizer

Attendees(2)

8791tosaka

8791tosaka

人工知能を使ったリアルタイム物体検出でIoTを実践するハンズオン に参加を申し込みました!

Decoroid

Decoroid

人工知能を使ったリアルタイム物体検出でIoTを実践するハンズオン に参加を申し込みました!

Attendees (2)

Canceled (4)